2011 2012 2013 2015 2016 2017 2018 2019 2020

2021

5月18日

高齢者向けワクチン接種の加速化を求める緊急知事要望を行いました。


国の目指す、高齢者向けワクチンを7月末までに終了させる目標を達成することは、多くの県民の不安を除き、コロナ対策を新たなステージに導くためにも重要です。 そこで公明党県議団は大野知事に、高齢者向けワクチン接種の加速化を求める緊急要望を行いました。

5月17日

国土交通省都市局と(公社)埼玉県宅地建物取引業協会埼玉東支部との意見交換


参議院会館内で、西田参議院議員、(公社)埼玉県宅地建物取引業協会埼玉東支部の皆様と共に国土交通省より「都市計画法、都市再生特別措置法」の改正に伴う概要説明を受け、草加、三郷、八潮地域に関連する意見交換を行いました。

4月16日

埼玉県議会日台友好議員連盟総会


県議会日台友好議員連盟は、中国から禁輸措置を受けている台湾産パイナップルの生産農家を支援するため、台湾・屏東県産パイナップルを購入。

3月25日

(公社)埼玉県宅地建物取引業協会役員との懇談


西田参議院議員と共に、埼玉県宅建会館を訪問し、(公社)埼玉県宅地建物取引業協会役員と様々意見交換を行いました。

2月17日

埼玉県立総合教育センターを訪問視察


公明党県議団は、行田市にある埼玉県立総合教育センターを訪問し、教員の皆様の小中学校ICTの活用研修現場を視察。
「埼玉県立総合教育センター」は、教職員の指導力等の向上を、はかる教職員の学びの拠点です。

2月16日

「東日本おしぼり協同組合」の皆様と経営再生支援を求める陳情書を知事に提出


コロナ禍で、飲食業の皆様の時短や減収減益の影響を直接受け、経営難に立ち向かう東日本おしぼり協同組合の経営再生のための要望」を、ご一緒に大野知事にお届けし、意見交換をさせて頂きました。
知事は、要望内容を真摯に受け止め、具体的な対応策も提案されました。
組合の方からも、「希望が見えました。」と感謝の声を戴きました。
叶う事、叶わない事はその機会事にありますが、私達議員の仕事は、皆様の思いを真剣に受け止め、行動し、時にはベストな結果が出せなくても、ベターな結果と環境を作る事だと思います。

2月15日

地元草加市の子ども食堂を視察


西田参議院議員と浅井草加市長、佐々木草加市議団団長と共に草加市内で子供食堂を進めている団体「こども未来食堂マイカ」の活動を視察。
西田参議院議員から、国の予算で、県と連携し、食材提供を進める具体的な提案があり、大変喜んで頂きました。浅井市長からも感謝の言葉を頂きました。
今後も、地域で頑張って頂いている関係団体を応援できる様に、国、県、市と連携を取りながら公明党のネットワーク力を活かして取り組んで参ります。

2月15日

コロナ対応をはじめ現場自治体の声をお聞きしました。③


西田参議院議員、守屋公明党越谷市議団団長と共に、高橋越谷市長を訪問し、コロナ対策、災害対策等について意見交換を行いました。

2月12日

大野知事より新年度予算団要望についての対応説明


大野埼玉県知事より、公明党県議団の令和3年度予算に対する要望項目について予算化項目の事前報告がありました。

2月12日

コロナ対応をはじめ現場自治体の声をお聞きしました。②


西田参議院議員、守屋公明党越谷市議団団長と共に、高橋越谷市長を訪問し、コロナ対策、災害対策等について意見交換を行いました。

2月8日

コロナ対応をはじめ現場自治体の声をお聞きしました。①


収束の見えないコロナ禍の中、国・県への要望をお聞きするために、西田参議院議員、各市公明党議員団団長と共に、地元浅井草加市長、大山八潮市長、木津三郷市長、鈴木松伏町長を訪問し、意見交換を行いました。
コロナ関連意外にも、生活弱者支援、多世代交流、介護、子育て支援、教育環境、災害対策など様々なテーマについて話し合いました。

2月4日

加須市のカスリーン公園と行田市の中条提跡を訪問


県土整備部は行田・熊谷・飯能県土整備事務所職員にご対応いただき、公明党県議団で加須市のカスリーン公園と行田市の中条提跡を視察。
カスリーン公園は昭和22年カスリーン台風による利根川の破堤箇所にあり、過去の大出水の状況や教訓がが記されています。
その後、中条堤跡と越辺川霞堤を視察。治水対策の現場に立ち、水との戦いの歴史を目の当たりにし、河川の流域のあらゆる関係者が協働して行う治水対策、「流域治水」を進める事が重要であると改めて認識させていただきました。
異常気象や社会情勢を踏まえ、災害の無い街づくりに尽力させていただきます。

2月1日

予算編成について予算作成過程での報告


昨年10月、県の予算編成に対して要望や提案をした件について、予算作成過程での報告を受けました。
新型コロナウイルス対策をはじめ、県民の皆さまの声を実現できるよう尽力してまいります。

1月29日

災害時のドローンの活用について意見交換


西田参議院議員と共に、地元草加市長をはじめ、近隣5市1町の首長と災害時のドローンの新たな活用と、それに伴う国、県、市の連携のあり方について意見交換を行いました。

1月26日

知事に「自宅療養の医療整備を求める要望」を提出


各地で自宅療養の方の容体が急変する事例があることから、入院病床、宿泊療養施設の更なる確保と、自宅療養者に対する健康観察を充実させ容体急変に素早く対応できる医療体制等を要望しました。

1月6日

新型コロナウイルス感染拡大に対する緊急要望


公明党議員団は「新型コロナウイルス感染拡大に対する緊急要望」を大野知事に提出。
・宿泊療養施設の受け入れ拡大
・実効性のある営業時間短縮要請
・県立病院のコロナ患者受け入れ拡大
・透析等の疾患を持つコロナ患者の入院先確保
・保健所業務の負担軽減
大野知事は「どれも重要な要望であり、実効性ある対策を進めていきます。」との回答がありました。
早急に打つべき対策について要望しています。特に医療現場は大変に厳しい状況です。県の取り組みの効果を出さなければなりません。